SQL Serverといったら

SQL Serverといったら、SQLのサーバーというイメージを持ってて、SQL Serverって聞こえてきたら、そう思ってたけど、Microsoftの製品にMicrosoft SQL Serverというものがあるのね。今まで、SQL Serverといっても、PostgreSQLやOracleとか色々とか思ってたけど、業界によってはSQL ServerといったらMicrosoft SQL Serverなのね

ReportViewer 2015をWindows Server 2012にインストールする

  1. Windows Server 2012のIISにて、web.configをいじりブラウザでエラーを詳細を確認すると”ReportViewerが見つからない”という感じのメッセージを確認した。

  2. Microsoft Report Viewer 2015 RuntimeからReportViewer.msiをダウンロードしインストールしようとすると”Microsoft SYstem CLR Types for SQL Server 2014がないからインストールできない”という感じのメッセージを確認した。

  3. Microsoft® SQL Server® 2014 SP1 Feature Packから
    SQLSysClrTypes.msiの64bit版をダウンロードしインストールしたら、ReportViewerをインストールできた。

  4. IISで対象サイトを再起動したらエラーが消えた。

XAMPPで自己証明署を作成

  1. “C:\xampp\php\php.ini”にて”extension=php_openssl.dll”をコメントイン

  2. “C:\xampp\apache\conf\extra\httpd-vhosts.conf”の末尾に以下を追記

    <VirtualHost ssl.test.com:80>
       DocumentRoot "C:/Users/hoge/Documents/NetBeansProjects/ssl.test.com/web"
       ServerName ssl.test.com:443
    </VirtualHost>
    <Directory "C:/Users/hoge/Documents/NetBeansProjects/ssl.test.com/web">
       Options FollowSymLinks Includes ExecCGI
       AllowOverride All
       Require all granted
    </Directory>
    
  3. “C:\xampp\apache\conf\extra\httpd-ssl.conf”の末尾に以下を追記
    <VirtualHost ssl.test.com:443>
      DocumentRoot "C:/Users/hoge/Documents/NetBeansProjects/ssl.test.com/web"
      ServerName ssl.test.com:443
      SSLEngine on
      SSLCertificateFile "conf/ssl.crt/ssl.test.com.crt"
      SSLCertificateKeyFile "conf/ssl.key/ssl.test.com.key"
    </VirtualHost>
    
  4. “C:\xampp\apache\conf\openssl.cnf”をコピーし”C:\xampp\apache\conf\openssl-san.cnf”を作成後、末尾に以下を追記
    [ SAN ]
    subjectAltName = @alt_names
    
    [ alt_names ]
    DNS.1 = ssl.test.com
    
  5. GitBashで”/c/xampp/apache/conf”に移動し以下を実行
    $ openssl req \
        -newkey     rsa:4096 \
        -keyout     ssl.test.com.key \
        -x509 \
        -nodes \
        -out        ssl.test.com.crt \
        -reqexts    SAN \
        -extensions SAN \
        -config     openssl-san.cnf \
        -days       3650
    
  6. “C:\xampp\apache\conf\ssl.test.com.crt”を”C:\xampp\apache\conf\ssl.crt\ssl.test.com.crt”に移動

  7. “C:\xampp\apache\conf\ssl.test.com.key”を”C:\xampp\apache\conf\ssl.key\ssl.test.com.key”に移動

  8. “C:\xampp\apache\conf\ssl.crt\ssl.test.com.crt”をダブルクリックし「現在のユーザ」「信頼された証明機関」でインストール

  9. XAMPPのコントロールパネルからApacheを再起動しブラウザでHTTPSでアクセス後に警告等が発生しないかを確認(警告等が発生する場合は、ブラウザのキャッシュ等を削除したり、再起動し再度アクセス)

別プロセスでコマンドを実行する

Start-Process -Wait powershell "-command copy .\test1.txt .\test2.txt"

Waitオプションを付与すると起動した別プロセスが完了するまで、起動元プロセスの処理を待機させておくことができるよ。

Hiper-Vの仮想マシンをコマンドで作る

$vmname = "テスト"
$vhd_path = "C:\vhd\テスト.vhdx"
$mem = "1"
$core = "2"
$disk = "100"
New-VM -Name $vmname -VHDPath $vhd_path –Generation 1
Set-VMMemory -VMName $vmname -DynamicMemoryEnabled $true -StartupBytes (([single] $mem) * 1GB)
Set-VMProcessor -VMName $vmname -Count ([int] $core)
Connect-VMNetworkAdapter -VMName $vmname -SwitchName $network_adapter
Resize-VHD -Path $vhd_path -SizeBytes (([single] $disk) * 1GB)